2018年7月4日水曜日

焙煎からラテアートまで ~スイーツ・カフェコース2年

 座学の谷間のオアシスになりつつあるカフェクリエーター演習。
ついにコーヒー実習です。
 まずはコーヒーの歴史を学び、最近先生が渡航された時のお写真を拝見しながらドリップコーヒーでブレイクタイム。丁寧に淹れた香り高きコーヒーの深き味わいに思わずため息がもれます。


 初めて見る生豆。かじってみて!」と言われるまま素直に従った悲劇。まずい生豆が 焙煎後はカリカリと香ばしく、食べることができるのです。これぞコーヒー豆!



 豆ごとに香り・酸味・苦味・味わいの違いをチェックします。語彙力全開で気分はソムリエ、「○○のような……」と試行錯誤を繰り返すメンバー。右か左か?利き鼻を探し、ズズーッと黒い汁をすすり上げる。てんやわんやのカッピング。



 お待ちかねのラテアートの時間。これがまた難しいの何の。 先生曰く、「基本はesupuresso!」1つ1つの作業を繰り返し覚え、エスプレッソマシンに翻弄されながらも集中力は高まってきます。
  ハートブレイクの事態は免れました。初めてにしてはまずまずの出来かな?



 「あれこれ仕事の幅を広げて手を出すよりは、好きなこと1つに絞ってみる。」
 「ひとまず外に飛び出してチャレンジしてみる。それが自信につながる。」
 実習中に金言をいくつもいただきました。終始笑顔で穏やかな雰囲気の中、コーヒーの魅力に迫ることができました。カフェの真髄には遠い道のりですが、初めの一歩を踏み出せたようです。

  家村先生ご夫妻に心から御礼申し上げます。すてきな実習をどうもありがとうございました。



このページの先頭へ戻る