2024年7月25日木曜日

授業紹介 地域活性化論   和船櫓漕ぎ体験と着付け体験に挑戦(7/18)

 7月18日(木)の「地域活性化論」(大成経凡先生)は、学外授業で大島の村上海賊ミュージアムへ向かいました。この日の参加者は36名(履修生以外6名)で、今月28日の第29回水軍レース大会に出場する学生クルーも参加。現地に到着すると、まず博物館前の水軍レース特設会場へ向かい、浮桟橋に係留された「小早船」(こばやぶね)の解説に耳を傾けました。小早船は、かつて村上海賊が機動力を生かした戦いで使用した快速船です。宮窪町のまちおこしグループが地域活性化を目的に復元し、速さを競うイベントを開催したところ、今では四半世紀を超えてつづく伝統行事となっております。そこへ昨年、本学「めいたんプロモーションクルー」が初出場を果たし、今年も地域イベントを盛り上げるべく参加を決めました。

 注意しなければいけないのは、小早船は木造でできた和船(わせん)で、動力源は櫂(かい)ではなく〝櫓(ろ)〟ということ。ローイング・カッター・カヌーとは勝手が違い、櫓は1隻に5本搭載され、1本を2人で漕ぎます。左右に3本と2本が備わることで、まっすぐ進むのが難しく、バランスを欠くと船体が左右に揺れて速力にロスが生じます。巧みな櫓さばきと息の合ったチームワークが求められるのです。本番当日は、漕ぎ手10人以外に竿持ちと舵持ちも乗り込むため、1チーム12名が必要です。この日は、本番エントリーの選手のうち3名が不在だったことで、履修生でカバーしました。

 一方、レースに出場しない学生は博物館へ移動し、鎧と着物の着付け体験をしました。留学生にとっては、侍やお姫様の気分に浸れるチャンスです。最初は恥ずかしがっていた留学生も、お手本を示した学生の喜ぶ姿を見て、次々と挑戦。順番を待つ間は、館内の見学をして村上海賊の歴史を学びました。この日は、中国・ミャンマー・ベトナム人留学生が参加しました。「めいたんプロモーションクルー」のメンバーが練習を終えるや、入れ替わるように留学生の希望者が小早船に乗り込みました。和船を漕ぐこと自体、なかなか経験できないことで、将来的には、留学生だけでチームを組んで水軍レースに出場したいものです。



着付け体験

ミヤンマー人留学生



櫓漕ぎ体験

小早船と記念撮影


2024年7月24日水曜日

短大見学レポート (今治南高校、FC今治高校明徳校)

6月14日はFC今治明徳校3年生、18日は今治南高校2年生3が、本学に来てくれました。

今回の短大見学では、学校紹介のあと、専門科目の授業体験をしていただきました。

6月18日は、ちょうど今治市の「ネウボラ事業」で現役の保育士さんが本学で研修を行っていたので、今治南高校の幼児教育学科を体験する生徒のみなさんにも、一緒に実践的な指導法の学びに挑戦していただきました。

「歌ったり、身体を動かしたりして楽しかった」「幼稚園の先生方と一緒に授業を受けて、保育士の仕事に少し興味を持った」などの感想をいただき、充実した授業となったようです。

見学・授業体験を希望される学校様は、ぜひ、お問い合わせください。(学校単位となります)




2024年7月23日火曜日

今治ふるさと魅力体験プログラム

6月4日、「今治ふるさと魅力体験プログラム」(今治市教育委員会学校教育課主催)の一環で、今治の歴史・文化に親しむ取り組みとして、本学地域連携センター長の大成経凡講師が今治市立乃万小学校6年生の児童105名に授業を行いました。

タイトルは「YOUもいまばり博士になろう ~乃万小学校区編~」。

このプログラムは、愛郷心を育むために、今治市ご当地検定「いまばり博士」(今治商工会議所主催)に挑戦する児童を増やすねらいも兼ねています。

実は、大成講師が同検定の監修・問題作成にも関わっているんですよ!

今年は他に、桜井小学校と吹揚小学校の6年生にも今治の魅力を伝えに出張授業を行いました。

あなたも、「いまばり博士」に挑戦してみませんか?







2024年7月20日土曜日

7月オープンキャンパスを開催

7月21日(日曜)、めいたん7月オープンキャンパス(来学型)を開催したところ、高校生19名の参加がありました。もっと来て欲しいという願いの一方、短大事情を取り巻く厳しさも感じております。少子化にとどまらず、短大離れや専門学校志向、ライバル校の存在など、努力が報われる保障はありません。ひたすら励むのみ!

今回は、愛媛のゆるキャラ「みきゃん」が会場を盛り上げてくれました。学校説明(大成先生)に先立ち、希望者は記念撮影を行いました。初めて〝こみきゃん〟も登場!3体の着ぐるみの中には、めいたんプロモーションクルーの学生が交替で入り、体験授業・キャンパスツアー・カフェタイムでも盛り上げ役に徹してくれました。

各コースの体験授業は、以下の通りとなります。幼児教育学科が「個別の配慮が必要な子どもの支援」(松田先生)、ライフデザイン学科の国際観光ビジネスコースが「旅行会社の役割やルールを理解しよう」(中山先生)、介護福祉コースが「目になる手と口になる手」(上村先生)、調理ビジネスコースが「ひんやり冷製パスタと手作りスイーツ」(竹田先生・大西先生)でした。



体験授業の後は、食堂に移動してカフェタイムです。体験授業の講師やキャンナビ・授業補助の学生らとコミュニケーションを楽しみ、本学の雰囲気を身近に感じることができました。今回は、今治新聞社「まいたうん」と今治コミュニティ放送「FMラヂオバリバリ」の取材も入りました。先生と学生との近い距離感や参加した高校生の楽しむ様子など、後日報道予定です。

カフェタイムには保護者も同席しました。ある高校1年生の保護者からは、「西条市(JR西条駅の近く)に住んでいるが、明徳短大で保育士の資格がとれることを知らず、当初は松山市内の短大か専門学校を考えていた。保育士の知人に訊いたら、なぜ明徳短大へ行かないのかと勧められた」という感想が聞かれました。自宅から通える距離にある地域で、本学の知名度が低いという現実を再認識したしだいです。今治市との連携だけでなく、東予地区(特に上島町・西条市・新居浜市)との結びつきを強化する必要性を感じました。

在学生が増えると、広域的に各地のイベントへ出向いて、本学をPRできるのですが、国際観光ビジネスコース以外は学生数が少なく、苦慮しているところです。それでも、今夏は7月28日(日)の水軍レース大会(宮窪港)に、12名のクルーと撮影隊数名が出場予定です。また、今治市民のまつり「おんまく」にも踊り連が出場予定で、3日夜は盆踊り(木山音頭)・4日正午ごろはネパール民族舞踊で〝めいたん、ここにあり!〟を市民の皆様に感じとってもらえたらと思います。



カフェタイムの後、マッチング面談・寮見学があり、希望者は13時から〝今治魅力発見ツアー〟のバスに乗って、大島の宮窪町へ向かいました。和船櫓漕ぎ体験を宮窪港で、鎧・着物着付け体験を村上海賊ミュージアムで実施しました。水軍レースの練習も行ったしだいです。次回のオープンキャンパスは8月25日(日)となります。より多くの方々のご参加をお待ちいたしております。


村上海賊ミュージアムで着付け体験

和船櫓漕ぎ体験


2024年7月18日木曜日

「タウン情報 まつやま」キャンパスガイド2024にめいたんが登場!

めいたんの推しポイントをギュッと詰め込みました。

学生のインタビューもありますよ♪

ぜひ、ご覧ください。


えぷりWEBにも掲載中!

▼今治明徳短期大学掲載ページ

https://ehime-epuri.jp/27680






2024年7月17日水曜日

小松高校の進路ガイダンスに参加(7/10)

 7月10日(水曜)午後、西条市の愛媛県立小松高校で開催された進路ガイダンスに参加しました。昨年につづいて、入試広報委員長の大成経凡先生が登壇し、40分の授業を2回実施しました。授業といいましても、本学の学校説明を2回実施するもので、1・2年生で合計31名の受講がありました。

 隔年ではありますが、同校から本学には入学者があり、とても大切なパートナーであると考えております。自宅から通える利点を強調しつつ、それ以外でのライバル校との違いを説明させていただきました。昨年度のオープンキャンパス・ガイダンスなどの学生募集を積極的に展開したことで、この春には活気ある生徒たちが多く入学してきました。その楽しい雰囲気がリーフレットの『大学案内』にもあらわれていて、産学官地域連携の具体例もスライドにて熱く説明をさせていただきました。地場産業振興や地域活性化に寄与できる人財を育成する新コース「地域未来創生コース」の説明も少しさせていただきました。

 後で生徒のアンケート(感想)を見ると、留学生が多いことに驚いたようで、異文化との交流に興味を持った生徒もいたようです。また、学外授業のフィールドワークや実践形式の授業が多いことも魅力の一つとして感じとってくれたようです。昨年も受講し、今年も受講してくれた2年生の一人は、昨年よりも詳しく知ることができ、活気ある方向に変化する様子が感じとれたとのことでした。FC今治のファンもいて、受験する方向で考えている生徒もいました。

 夏休み期間中、2回のオープンキャンパス(7月21日&8月25日)を予定いたしております。めいたんプロモーションクルーの学生たちが、愛媛や今治ゆかりの「ゆるキャラ」でお出迎えします。地方都市の小規模な短大ではありますが、今治を学びのフィールドとしつつ、学生のやる気を引き出して〝楽しい学びの環境〟に変えていけたらと思います。





このページの先頭へ戻る